角栓が毛穴に詰まってしまうタイプ

投稿日:

角栓とは皮脂と古い角質や肌に残ったメイクの汚れなどが混ざって作られるものです。そしてこの角栓が毛穴に詰まってしまうのには、以下の3つの原因があります。

皮脂の分泌量

まずはご存じの方も多いかもしれない原因の1つ、皮脂です。

皮脂の分泌量の多い脂性肌の方は、毛穴が詰まりやすくなります。

皮脂は角栓ができる際の材料の1つなので、皮脂が多ければその分角栓ができやすく、また詰まりやすくなるというわけです。

しかし皮脂そのものは液体、これだけでは毛穴の詰まりの原因にはなりません。

実際には皮脂の多さにプラスして、他の原因が関わってくるのです。

古くなった角質やファンデーションなどの皮膚に残った汚れ

次は皮膚に残った汚れです。

しっかりとクレンジングを行ったと思っていても、実は毛穴にはファンデーションなどのメイク汚れが残り、たまってしまっているのです。

その上肌は年齢を重ねると代謝が落ちてしまうので、古くなった角質もなかなか自然に落ちてくれなくなります。

このようにどんどん汚れが肌にたまってしまい、それがさらに皮脂と混ざって角質になり、結果的に毛穴を詰まらせてしまうのです。

皮膚の乾燥

最後に皮膚の乾燥です。

一見して前述の皮脂の多さという内容と矛盾していますよね。

しかし、実はそうではないのです。

乾燥肌の方であっても毛穴が目立ってしまう危険性は十分あります。

例えば、口や鼻の周りに角栓がたまりやすいと感じている方もいるのではないでしょうか。

実はこの原因となっているのも、皮膚の乾燥なのです。

口や鼻の周りの皮膚は指などで触れられることが多い為、その摩擦によって皮膚が乾燥しやすくなってしまいます。

そして皮膚は乾燥するとカサカサになり、硬くなります。

この硬くなった皮膚は肌触りだけでなく毛穴の伸縮性まで悪くしてしまい、角栓の詰まりやすい毛穴にしてしまうのです。

まとめ

角栓は酸化すると黒くなるという特徴も持ち合わせています。

このため、毛穴に角栓が詰まってしまうと毛穴が目立って肌触りが悪くなるだけでなく、毛穴の黒ずみの原因にもなってしまいます。

このように肌トラブルの原因となりがちな角栓ですが、今までにご説明した3つの原因を押さえたうえで対策することで、毛穴に詰まりにくくしたり、さらには角栓自体ができるのを防いだりすることができます。

大切なのは皮脂やメイク汚れ、余分な角質等を肌にためこまないこと、そして肌のうるおいを逃さないことです。

-未分類

Copyright© アビエルタディープモイストクリーム口コミ , 2019 AllRights Reserved.